マジシャンの服装についてのお話。

 

マジシャンの服装はダサい人が多いと思いませんか?

特に日本人でプロフェッショナルではない人にその傾向があるように私は感じています。

(自称プロフェッショナルの人でもダサい人が結構な割合で…ry)

 

サイズ感の合っていない服装。

特に何も考えていないであろう黒一色コーデ。

フォーマルスーツにボタンダウンシャツを合わせる人。

奇抜さだけが先走る人、スーツに無意味な装飾を着ける人…

 

サイズ感のあっていない服装。

これは理由としては非常に分かりやすいです。

恐らく2つの理由があるのでしょう…

1.既製品でジャストサイズが存在しなかった。

2.大きい方がマジックがしやすい。

 

1の理由は非常によく分かります。

私も某◯ニクロでサイズの合うジャケットはほぼ買えませんし、ちゃんとした物を買おうと思うと4万円前後出費することになっています。

まぁ、4万円は流石に高いのですが、デザインが好みだという理由で選んだらそうなってしまったので後悔はありません。2万円前後くらいからしっかりした作りの物は存在しますし、もちろんユニ◯ロでジャストなサイズがあればそれで十分だと思います。

 

プロではないのだからとりあえずあれば良いや、という理由で安いジャケットを買うのは理由としてはわかりやすいですね。

 

2の理由はマジックの演目に関係します。

 

大きめのジャケットはマジックがやりやすい。

 

死角は多いしポケットに多少ものを詰め込んだところで目立たないし、それに袖口も広いのでスリービングがとにかくやりやすい。膨らみが分かりにくいので内側の仕掛けがバレにくいというメリットもあります。

 

しかしですよ!演者的には良いと思っても観客的にはどうなのでしょうか?

「あの人なんかジャケット大きくない?」というセリフを私は何度か聞いたことがありますし、「マジシャンってなんでサイズの合ってない服を来てる人が多いの?」という質問を寄せられたことも1度や2度ではありません。

 

せっかくスタイリッシュ(?)なマジックをしたところで、演者自身にダサいという印象がついてしまったら台無しではないでしょうか?

 

これは黒一色コーデも同じです。

黒は神秘的なイメージがありますし、マジックをしそうな雰囲気も出せるから積極的に取り入れても良いと私も思ってはいます。

 

現にダレン・ブラウン等は黒一色コーデでステージに上がることもあります。

 

しかし!ここで注意して欲しいのは単色コーデは難易度が高いということです。

 

はっきり言って黒いジャケットに黒いパンツ、黒いシャツはかなり難しいです。

せめてシャツだけでも白にしたほうがよっぽど楽にスッキリ見せることが出来るにも関わらず、前身黒で野暮ったい人がなんと多いことか…

 

単色コーデをする時の注意は立体感が無くなるということで、同じ黒でもトーンが違うものを組み合わせたり、もしくは最初からかなり綺麗なラインが出る服を選ぶべきです。

(ラインが綺麗な服は価格が高い傾向が…)

 

黒い服は生地によっては非常に安っぽく見えますし、綺麗に見えないこともあります。

サイズ感や生地を改善しようとすると費用がかなりかかってしまうので、単色ファッションに強いこだわりが無い限りは避けたほうが無難だと私は考えています。

 

ダレン・ブラウンは黒一色でも上手く着こなしています、よく見て下さい…

よく見るとトーンが違う黒を合わせてるのが分かりますし、やや立体感のある(うっすらと模様が入っている)生地の服が多くはないでしょうか?

つまりはそういうことです。

 

スーツを着るならボタンダウンシャツは着ないほうが良い。

 

ボタンダウンシャツは成り立ち的に運動着の一種です。

日本では何故かスーツにボタンダウンシャツという組み合わせを推すことがありますが、私には全く理解できません。

 

スーツにボタンダウンシャツを着て更にネクタイを締めるというのは、上下スーツでシャツだけ体操着にネクタイを巻いているのとほぼ同義です。

実際に体操着にネクタイを締めて上下をスーツで合わせている図をイメージして下さい。如何に滑稽かが分かるかと思います。

 

同様の理由でスーツにチェーンを無駄に合わせる、フラワーホールにバッジやアクセサリーを付けるというのも、やはり違和感があります。

 

観客がそういうことに対して無頓着であれば問題ないかもしれないが、見る人によっては常識の無いバカだとだと思われるリスクがあります。

特にメンタリスト等、心理学云々を語りたがるような演出をする人は注意が必要で、観客に内心バカにされている状態で幾ら薀蓄を語ったところで、何も伝わらない可能性があります。

(私の意見としてはメンタリストが心理学について語るのは、素人が民間療法をする時に「医学的に見て〜」というレベルで違和感があるのだけれども)

 

もし上質な顧客を付けたいのであれば、最低限の常識を踏まえた服装をした方が良いかと思います。

 

人は見た目によらないと言いますが、服装は顔の造形とは関係なく自力でなんとかなるものですし、そこでマイナスを喰らわないようにするだけでどれだけ有利に事を運べるかを考えて欲しいところです。

 

 

最後に燕尾服について少しだけ。

 

これも私の独断と偏見ですが…マジシャンで衣装を燕尾服にしている人は何か理由があるのでしょうか?

 

例えば海外のマジシャン、スティーブ・コーエンは燕尾服に金縁の眼鏡というスタイルなのは「億万長者のマジシャン」(だっけな?)という肩書があるから分かります。お国柄、燕尾服はハイソなイメージがあるしフォーマルな場だと未だに着る人がはずだからです。

 

しかし、日本だとどうでしょうか?

 

そもそも、マジシャンで燕尾服(夜会服)を着始めたのは近代奇術の父と呼ばれるロベール・ウーダンと言われています。

 

彼は当時のマジックに含まれていた黒魔術的な要素を排除するべく、怪しい衣装から普通の夜会服に変え、照明も明るい状態でマジックをする現代のような演技スタイルを作りました。

またそのことから近代奇術の父と呼ばれています。

 

燕尾服を着た理由は非常に簡単で、当時のフォーマルな集まりではその服装が常識だったから。

 

ここでの教訓は服装を選ぶ際はTPOへの配慮か、或いは必要性に応じた選択が必要だということです。

 

燕尾服や奇抜な服装が悪いので無くて、特に理由なくそれを無く選ぶのが悪いのです。

 

服装はその場に合わせたもので上質な物を選ぶのが良いとマキシマム・エンターテインメントという本に書かれていますし、それは間違いではないと私も思っています。

 

スーツの人が多いのであればスーツを着れば良いし、カジュアルな人が多いのであればスーツを着る場合でも少しカジュアルに寄せるという工夫が出来るはずです。

 

もちろん、キャラクター的に燕尾服等が絶対必要なのであればそれを選択するのも悪くありません。

 

ピフ・ザ・マジックドラゴンというマジシャンはフザけた緑のドラゴンをモチーフにしたキグルミのような衣装を着ていますが、そのキャラクターを作るために彼は非常に徹底しているのはご存知でしょうか?

聞いた話ではキグルミを脱いでいる状態の彼を見たことが無いと言われているくらいだそうです。

それくらいの強いこだわりがあるのであれば誰もが納得できますし、そこに価値を見出すことが出来るはずです。もしそうではないのならTPOに応じた服を着るべきだと進言しておきます。

 

 

“[JEAN]マジシャンの服装はダサい?” への1件のコメント

コメントは締め切りました。