先日ニコニコ超会議でマジック&催眠術のショーをしました。。

またその後に海浜幕張駅の駅前広場でストリートパフォーマンスも。

 

この2日間を通して私達は一度もマジックをする前に「種も仕掛けもありません」と言ったり、道具を改めさせることは一切しなかったという話です。

 

“追いかけられてもいないのに、走り出してはならない”というアル・ベイカーの格言があります。

 

例えばフィクションのミステリー作品である人が突然自分のアリバイを語り始めたらどう思うでしょうか?

 

続きを読む…(新ブログへのリンクです)