今回は催眠術についての話となります。

 

催眠術は実はまだ理論的に何故出来るのか解明されていないので、まことしやかな嘘がサラッとあったりします。

嘘というか当時はそう信じられていたとか、術者の技量不足や掛からなかった時の言い訳として適当な言い逃れをするパターンがあったりと、そのへんはマジシャンにも共通するのではないかと思ったり思わなかったり。

 

ということで、今回は完全にちゃんとしたエビデンスがあるわけでもなく、個人的な経験から来る分類だということを理解した上で読んで頂けると誤解は少ないはずです。

 

では、催眠術に掛かりにくい3つのタイプについて…

1.集中力、想像力に欠ける人

2.ナルシシズム的な傾向がある人

3.自分を含めた人と一定の距離を常に取る人

 

この3つに分類されるように感じています。

 

精神科医であり催眠の天才であるミルトン・H・エリクソンは98%の人は催眠に掛かると言っています(ソースが見つからないので時間がある時に調べます)。

 

これって古典催眠とかショー催眠でよく言われる、全く掛からない人が1/4いるというのと矛盾している感じもしますが、これを「掛からない」を「掛かりにくい」と言い変えれば割りと当てはまるかも知れません。

 

まぁ、催眠術は元々医療技術なので掛からない人がいると問題なわけですが…

 

で、掛かりにくい人というのが大体上の3つのタイプに分かれます。

 

1.集中力、想像力に欠ける人

これが一番多い?

 

私は催眠術に掛かるかどうかで「梅干しやレモンを噛むところを想像して唾液の分泌量が増えるか」というのを基準にすることがあります。

レモン、梅干しが苦手な人は好きな食べ物でも構いませんが、酸っぱいほうが効果は高そうです。

それか、人前で緊張する人に対して「人前に出るところを想像して緊張するか」というのを判断材料にすることも。

 

知りたいのは、その人の想像力が実際に肉体に影響を及ぼすレベルにまで至っているかどうか。

 

逆に言うと想像力が欠如していると、催眠に掛かるのが難しいというわけです。

 

また、催眠状態は自己の内面へ集中している状態であるという言われ方をします。

このことから集中力が重要だということも分かるかと思います。

 

 

自分の変化に気が付きやすい人、ボディイメージが優れている人は催眠に掛かりやすく、その逆で鈍感な人や不器用な人は掛かりにくいということです。

 

集中力や想像力は訓練で向上しますし、催眠を何度か体験しても向上することがあります(実際に掛からなくとも)。

 

集中力やセルフコントロールの訓練として座禅が推奨されることもあります。

座禅は催眠で言うところの軽い変性意識状態なので、催眠術でも同じ効果が得られるというわけです。

 

もっと言うと座禅は一種の自己催眠なので軽度の催眠までが限界で、更に自己催眠はかなり難しいので効率を重視する人には向かないので、効果だけ得たい人には催眠がオススメだったりします。

ただ、座禅は自己鍛錬という一面が強いので、どちらが良いかはその人のほしいものによります。

 

2.ナルシシズム的な傾向がある人

ナルシシズムの方がどれだけいるかは知りませんが、ナルシシズム的傾向がある人は割りとよく見かけます(自己愛性パーソナリティ障害レベルまでの人を見かけないという意味で)。

 

この傾向がある人は、人前では催眠術に掛かりにくいです。

催眠術に掛かっている自分を許容できないというのが原因かも知れません。

 

ナルシシズムほどではありませんが、催眠術に掛かっている自分がダサいとか恥ずかしいと思ってる人も掛かりにくいのでここに入れておきます。

 

かくいう私も自己催眠はある程度出来て被暗示性もそこそこあるのですが、他者催眠には全く反応しません。

これは催眠術師のパーソナリティをあまり信用してないというのが大きいかもしれませんね(笑)。それか同族嫌悪的な何かです、きっと。

 

このナルシシズム的傾向があるタイプの人は、催眠術に対しての誤解があったりするので、その誤解を解いて、他人の目がないところでやればすんなり掛かることもあったりします。

その辺はラポールの話になってくるので割愛させて頂きます。

 

3.自分を含めた人と一定の距離を常に取る人

所謂壁がある人です。

これもラポールの形成次第では掛けることはできますが…ショー催眠的な状態ではほぼ不可能ではないかなとも思います。

 

催眠術は心の底から完全な拒絶をしてる人相手には非常に難しいです。

エリクソンは大学の講義中にやたらとヤジを飛ばして反対してくる学生を会話でトランス誘導したという逸話がありますが、距離を取る人はリアクションがまず無いので難しいかと…

 

ただし、治療的な目的で催眠を受けようとしている人は、治療を望んでる時点で人と向き合う覚悟が多少なりとも出来ているので問題なく催眠へと導けるはずです。

 

よくある誤解

催眠に掛かるかは被暗示性の高さが重要だと思っている人が多いように感じます。

エリクソンは数百件のクライアントを見た結果、トランスへ誘導するのに高い被暗示性は必要ないという結論に達しています。

(70年位前にはすでにそのことについての論文が出ています)

 

被暗示性テストが重要になってくるのは、短時間で導入する必要があるショーなどの場合だけで、個人相手にやる場合はそこまで重視する必要ありません。

 

経験上、被暗示性は高いのにカタレプシー(筋硬直)すら掛からなかった人もいれば、被暗示性は低いけど幻覚(変性意識の6段階中5〜6の深いステージで起きる現象)まで誘導できたケースもありました。

(前者はショー催眠で後者は個別催眠にて)

 

被暗示性が高く、更に催眠に掛かりやすい人は環境に関わらず以下のようなことが起きますので参考までに…

 

 

オフィス兼サロンで催眠術体験会をちょくちょく開催していますが、人数が少ないほうが掛かりが良いように感じます。また、催眠は体験する回数が増えると掛かり易さが増していきます。(1度目で軽い変性意識状態に入るかどうかだった人も、2回めでは中程度の変性意識状態になるまでになっていました)

 

 

もし催眠術を体験してみたいという方は不定期でやる催眠術体験会にお越しくださいませm(_ _)m

体験会以外で個別にやるとこもありますが、体験会の方が経済的負担は少ないのでオススメです。

 

体験会も時間帯によっては参加人数が1人なんてこともありました…( ゚∀゚)・∵.

(いつも大体2〜3部やっているのですが、第1部は集まりが悪いことが多いです)