最近のお客さんはTVでマジックを見たことがある人が多く、目が肥えているという話を聞いたことがあります。

そのため、実際にマジックをお客さんに見せる時に、どの現象にすればいいのか?と悩む方も少なくないかと思います。

有名だからこれは避けよう、とレパートリーを減らしている人も居るかもしれません。

 

 

TVで放映されるマジックの主なものとして、フォーク・スプーン曲げ、アンビシャスカード等があるかと思います。

最近ではカードがガラスを通過し、きがつけばそのカードがガラスの向こう側にある…などなど、種類が豊富になってきているなぁと感じます。

 

また、少し前には芸能人がマジシャンのマジックを見て、そのマジックのタネを見破ることが出来るか?というような番組もありました。

見破ることが出来れば何から何まですべて解説、できなければそのまま解説無し…という内容だったと思います。

 

 

そして何かと騒がれているYouTubeなどの動画サイト。

マジックの現象を演じる人だけでなく、解説や種明かしといったものまでありますよね。

(個人的にマジックの解説に関しては、「同業者の手の内を明かしてマジシャンのネタを潰し、マジシャンを志す人には中途半端な知識を植え付け、お客さんとなる一般の人には純粋に楽しめなくなる知識を与える悪質なテロ」だと思っています。)

 

 

このように、メディアを通じてマジックを見る機会というものは意外とあるもので、見たことがある!という人はそれこそごまんといるわけです。

 

しかしマジシャンは、お客さんが見たことがあるネタをやりたくないという人が非常に多いという印象があります。

新しいものを見せて楽しませてあげたい!ということなのでしょうか?

 

 

 

さて、タイトルの話ですが、

お客さんに対してどのマジックをすればいいのか困る、という場合に「新規性のあるものをしよう」と思う方が多いかと思います。

しかし、私は見たことがあるマジックでもいいと思うのです。

それこそ手順を変える、演出をオリジナルにする…などいろいろ対策はあるかと思いますが、結局有名なアンビシャスというようになっても良いです。

 

 

何故かというと、ごく一般の人であれば、マジックを生で見たことがある人がそもそもそんなに居ないからです。

 

むしろそれが良い材料になるかと思います。

TVで見たマジックを生で見た!すごい!となる可能性が非常に高いからです。

 

 

これは私の話ですが、TVでマジックを何度か見たことがあり、多少マジックに関して興味がありました。

しかし、自らすすんで見るかといえばそうでもなく、TVでたまたまやってるから見るという程度。

自分で「あ!マジックやってるから見なくちゃ!」と思うほどではありませんでした。

 

しかし、とあるきっかけでインターネットを介して、画面越しでマジックを見る機会ができました。

その時は「自分の為にマジックをしてくれるマジシャンが居るなんてすごい!贅沢すぎる!」と思いました。

 

その次に、実際にマジシャンと会いマジックを自分の目で見る機会ができました。

その時はマジックの面白さと現象の不思議さ、TVでしか見たことのないものを現実で見ることのできる嬉しさがあり、とても楽しかったです。

 

 

私の体験や感じたことを元にマジック選びのアドバイスをするなら、TVで見たことがあるかどうかは問題ではないということです。

むしろ見たことがあるものを実際に見ることで、TVでしか見ることが出来ないと思っていたものを実際に自分の目で見る嬉しさがあります。

 

つまり、有名なものは避ける、というのは非常に勿体ないと感じるのです。

 

もちろんタネを知っている人が居る確率も高くなりますが、それをカバーできるような(バレたとしても、他にもネタを用意している)マジックがあれば大いにやってみても良いのではないかと思います。

もちろん、人前でマジックをする際はいくつかマジックがあるかと思いますので、むしろ何も心配することはないかと思います。

 

 

人前で演じる際に、ネタに困ったとき、有名なマジックをあえてやってみるというのは、興味をひいたり喜ばせるには効果的かと思います。

困った際に、取り入れてみてください。

 

 

(Alice)