ルーク・ジャーメイのスカルダガリの日本語版を入手したので久しぶりに見ました。

 

久しぶりに見たら印象がかなり変わりました…

 

以前見た時に英語が正確に聞き取れていなかった部分も勿論ありますが、何より当時は催眠術の実演を全くしていなかった頃なので感覚が全然違いました。

 

スカルダガリを見た印象は「暗示の旅」

 

暗示を駆使したマジック(と呼べるのか?)で、基本的に1つの暗示というよりは複数の暗示を組み合わせてやるのが多くあります。

ルーク・ジャーメイが最後の方でも言っていますが、複数の暗示を組み合わせて実演をしているうちに自分にあった方法が見つかると言っていたので、「探す→旅」というイメージがつきました。

 

ちなみに、本人は催眠術ではないと思うと話していますが、私から言えばバッチリ催眠術の範疇です。

当時のルーク・ジャーメイの感覚では意識のある人に行う暗示誘導は催眠術では無かったのだと思います。

 

私は相手の意識を落とさずに感覚支配をすると言う催眠術から入った口ですし、スカルダガリの現象は半催眠術と呼べる物が多いと考えています。

 

具体的な方法は伏せますが、私が最初にやった催眠術は、某マジックの現象から直接暗示によるPKタッチをするという誘導方法で、やり始めた理由が「できそうだったから」といういつものパターンです。

そして最初からこの掛け方が出来てしまったことによりエリクソン催眠に傾倒していったというのもあります。

当時「これでも誘導出来るんじゃない?」と思いついた方法のほとんどがエリクソンが既に実践済みだったという…ある種のマジシャンあるあると同じことが起きてまして、だったら最初にエリクソンのやり方を知ってしまおうと思ったわけです。

 

話が思いっきり脱線しましたね…

ルーク・ジャーメイのスカルダガリの感想に入ります。

 

 

RGM

トリックをアウトに用意した状態で、安全に行う忘却暗示です。

ジャーメイ本人はほぼアウトは使わないそうです。

 

忘却が起きるのはトランスの6段階中4段階より上の状態ですが、これはトランスというよりはアクションスリップを意図的に起こしている感じがします。

結局は一種のトランス状態と言えますが、催眠術とはまた少し違ったアプローチという感じもあります。

 

 

For Andruzzi

脈を止めるパフォーマンスで、これも催眠術をやる人であればそこまで抵抗感は無い方法です。

最近私が数量限定で無料配布をしている『STOP YOUR MIND』で解説されている方法を使えば第1フェーズは暗示を使わなくても可能ですし、これの練習に丁度良いかと思います(元々これを安全にやりたくて思いついた方法ですしね…)

 

 

Synchronized

オスタリンドも似たようなことをやっていたような気がします。多分オスタリンド…

ただそれよりもアホらしい(褒め言葉)方法が取られていますし、条件さえあればどこかでチョイチョイっとやってみたくはあります。

 

The Burst Bubble Suggestion

手法というよりは演出的な側面が強い現象。

この演出は後に発表されるタッチング・オン・ホイの演出にも使われています。

 

 

And If I Fall

感覚の操作に近い現象。

やるにはある程度のスライハンド的な能力と大胆さが必要です。

テクニックが必要なメンタルエフェクトですし、人によってはこれをやるのは相当ハードルが高いです。

 

 

A Darker Dai

5つのオブジェクトから観客が選んだ物を当てるという現象。

バーヴァル・コントロールかと思いきや割りとピュアな方法を使っています。

ディスプレイやら色々な工夫と気休め程度のアウトが解説されています。

 

これはちょっとやってみたいですね…

少し工夫したら直ぐに出来そうです。

 

 

The 7th Deception

演出的な側面が強い現象。

NLP的な雰囲気がありますが、あくまでパフォーマーとしてやるのが前提だそうです。

 

 

A Twisted Palm

手の皺の変化。

ベンジャミン・アールのスキンでも似たような現象がありますが、そちらよりも解説が大雑把な気もします。

アウトが無いのでそれが気になる人は出来ないかもしれません。

これはもうほぼ催眠術と言っても過言ではありません。

 

 

 

全体を通して…

以前の私ならともかく、現在の私のスキルであれば全てが再現出来ます。というかマジックの知識しかない人がコレをやろうと思うとかなりきついのでは?と思います。

 

恐らく、催眠術師とマジシャンが同時にこのレクチャーを見た場合、催眠術師の方が先に再現出来るようになると思います。マジック的なスライハンドが必要な現象も幾つかありますが、基本的には手先の器用さよりも暗示の入れ方が大事です。

 

少なくとも催眠術の知識があったほうが理解しやすいですし、実行する際も有利になります。

特にRGMFor Andruzzi、A Twisted Palmは催眠術が出来る人であれば特に練習なしに出来そうな感じすらありますしね…

それくらい催眠術に寄ったマジックと言えます。

 

読心だけがメンタリズムではありませんが、正に読心以外のメンタリズムという感じがあります。

一応マジックとメンタリズムの融合っぽいのがコンセプトっぽいですし?

 

逆説的ですがこの現象が全てできるのであれば催眠術は直ぐに出来るようになります。

しかも古典的アプローチというよりは現代催眠的なアプローチです。

 

興味のある人は見てみると良いかと…

 

 

(JEAN)