知人たちの間で少し話題になっていたベリーストリッパーを自作してみました。

 

ショップによっては入荷が遅れていたり、割りと売れ筋な道具なのでは?と思っていたりいなかったり…

 

どういった物か説明してしまっても良いかと悩んだのですが、各ショップ覗いてみたら普通に機構が書いてあったのでここで書いてしまっても問題ないと判断しました。

 

ベリー・ストリッパーはお腹(Belly)が窪んでいるのと、出っ張っているデックの組み合わせです。

それぞれ1デックずつあるので、2デック合わせて1つの製品となっています。

 

 

自作品はこんな感じです

左が「()」で、右が「)(」となっています。

(見た目ではほぼ分かりませんね…)

 

ちなみに、今売られているものはサイドのショートと「()」の組み合わせだそうです。

まぁ、たしかに…「)(」状に加工するのは中々大変ですしね…

 

今回は加工出来るかの実験も兼ねていたため、敢えて面倒な方に挑戦しました(^ρ^)

 

自作品とは言え、触ってみた感じこれはありだと思いました。

特定のパケット(赤黒、エース4枚等)を抜き出すのに強いデックです。

 

天地の区別が無いため、向きをバラバラにしても機能するのが最大の強みです。

やろうと思えばロゼッタ・シャッフルした状態からトライアンフが出来ます(^ρ^)

 

元々、某メンタルエフェクトをしたいがために作ったのですが、触ってみたら予想以上に遊べそうなことがわかりました。

 

出来ること出来ないことがもう少しはっきりしたらまたレビューを書きそうなくらいです(製品版を全く買う気はありません!(ぉぃ))

 

軽く触ってみて気がついた欠点は…

普通のストリッパー・デックと同じように抜こうと思うと、端が若干引っかかるので1アクションで抜けないことです。

(注:恐らく今売られているものは、ここを改善するために片方をショートカードにしているのだと思います)

 

手で持ってやる分には良いのですが、テーブルに置いた状態から1アクションで抜くののが難しく、カットの動きに紛れ込ませるような使い方が出来ません。

慣れればテーブル上でも1アクションで抜けるのかもしれません…

ただ、デックを掴む位置が端と真ん中になるので見た目的にそちらもやや気になります。

 

どちらかと言うとスタンドアップでの利用に向いているように感じました。

 

デックそのもの、全体を使った現象や、パケットを抜き出してやる現象向けという印象があるので、客が選んだカードを当てると言った現象にはそこまで向いていないと現段階では考えています。

特定のカードを使いたいと言う時は、程度の差はあれどフォースを利用する必要がありますね。

 

ちなみに、ショートカードとストリッパーの組み合わせはブールス・バーンスタインの本にもありましたが、これもベリー・ストリッパー形式にしたら結構捗るかもしれません…

(トランプでは無いので自作する必要がありますが)

 

 

次はショートカードを作って組み合わせ見ようと思います。

果たして旧機構と新機構ではどちらが使いやすいのでしょうか…

ショートカードにしたのは加工の手間を省くためなのか、それとも使いやすさを追求したためなのか気になる所です(両方正解かも…)

 

 

 

(JEAN)